人によって酔い方は様々

奈良漬けの匂いを嗅いだ程度でも酔っ払う人もいます。
またお酒の一升瓶飲み干してもケロリとしている人もいます。
お酒を飲んで悪酔いするのは最悪の気分です。
こういった違いはアルコールが肝臓で分解される場合に発生する<アセトアルデヒド>と関係があります。
アセトアルデヒド濃度が高い人は、顔がすぐ赤くなって心臓がドキドキしたり悪酔いします。
アルコール代謝には肝臓の中にあるアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)と呼ばれる大切な酵素が関係していまうs。
このアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)はALDH1とALDH2の2種類あります。
日本人の約50%はALDH2の能力が欠けてると言われています。
だから飲酒すると悪酔いしたり顔が赤くなるのです。
こういったことが欧米人や黒人と比較して日本人に<アルコール性疾患>が少ない理由とされています。
けれどもお酒に強い人であっても大量に飲酒を継続すれば肝障害を発症します。
「お酒に強いこと」と「肝臓が強いこと」は別問題なのです。
<酒は百薬の長>と言われ日本人にはなくてはならない嗜好品です。
しかしお酒と現金化は自分でコントロールできない人には悪いものになってしまいます。